河内ワイン館 | 堺LOVE

河内ワイン館

河内ワイン館

国内でワインの名産地と言えば、長野県と山梨県。
この2つの県内には沢山のワイナリーがあります。
でも、実は大阪にも隠れたワインの名産地があるんです。
ワインに欠かせないブドウ。大阪羽曳野市の南河内地方は、そんなブドウの栽培に適した地形と環境が整っています。
明治時代中ごろから既に羽曳野市周辺でブドウ栽培が行われていて、昭和には全国のワイン生産量1位のワイン名産地にまでなったそうです。
しかし、昭和に起こった大きな台風でブドウ畑が大きな被害を受け、ブドウではなく、ブドウを使用したワインの生産に方向性を変えていくことになりました。
そして昭和53年に羽曳野市の地元で採れたブドウだけを使った「河内ワイン」のブランドが確率されたんです。
羽曳野市にある河内ワイン館ではそんな河内ワインの歴史を紹介するコーナーや、試飲コーナー、ワイン以外にもちょっと変わったお酒なんかも取り扱っています。
羽曳野市周辺では、ブドウの中でも「デラウェア」と言う種類のブドウ栽培を100年以上も続けてきました。
そんな羽曳野市伝統のブドウを使ったデラウェアワインや、
赤ワインのように真っ赤な色ではなく、少し薄めの黄色身がかったロゼワインも取り扱っています。
ワインだけでなくブランデーを使った珍しい梅酒なんかもありますよ。
試飲コーナーは約20種類のワインを試飲することができるので、気になるワインがあれば試飲してみてください。
洋食よりも和食にぴったりのワインなんかもあって、新しい発見もありますよ。
気に入ったワインがあれば是非買って帰ってくださいね。