なんばグランド花月 | 堺LOVE

なんばグランド花月

なんばグランド花月

なんば駅から南海通り商店街のアーケードを通って、1つ目の四つ角を曲がると「なんばグランド花月」は見えてきます。一見、歌舞伎座を思わせるような門構えに「お笑いの国大阪」の歴史が集約された威厳のようなものを感じますが、やっぱりそこはお笑いの聖地。入り口ではかわいい芸人着ぐるみが笑顔でお出迎えしてくれ、記念撮影も快く引き受けてくれます。そしてなんと、本物の芸人さんも日替わりで一日支配人として出迎えてくれるんです!
館内にはグッズショップやお土産売り場、芸人さんを模った人形焼カステラの販売もあるため、ただふらっと遊びにくるだけで十分楽しめます。
とは言ってもやはり「お笑い劇場」。公演はもっと充実しています。お昼の本公演と夜公演に分かれており、本公演は師匠と呼ばれる重鎮の漫才や落語、新喜劇を見ることができ、夜公演は若手~中堅芸人の漫才やコント、企画ライブなどを楽しむことができます。会場内ではおしゃべり芸人「マイクくん」やおすすめのご飯屋さんを紹介してくれる「たまランくん」、好きな芸人さんへのファンレターを預かってくれる「ポストくん」など、キャラ芸人達が開演前の時間を盛り上げてくれます。開場前の少しの時間までも余すことなく楽しませてくれる、素晴らしいサービス精神…と感動するのはまだ早い。
なんと出演者、スタッフはよしもと流秘伝の「笑売人心得帳」なるマニュアルを持っていて、「バン!」と銃を撃つ真似をすれば「ううう~」と苦しんで倒れる、といった「ノリ」に全力で応えてくれるのです。さすがお笑いの総本山なんばグランド花月!
なんばグランド花月では「笑って、食べて、また笑う。」と謳っており、その名の通り周辺の御食事所も充実しています。館内にもいくつかお店があり、大阪グルメ定番のたこ焼きも食べることができます。
しかし、私が一番おすすめしたいのは、館内にある「千とせべっかん」です。芸人さん御用達の大阪名物「肉吸い」を食べることができます。肉吸いとは肉うどんのうどん抜き…これだけ聞けば「ただの汁に浸かった肉じゃないか!」とお怒りたくなるかもしれませんが、侮るなかれ、かつおと昆布で出汁を取ったスープに甘めの牛肉と半熟卵が入った絶品グルメなのです。吉本新喜劇の俳優さんが二日酔いの状態で「千とせ」を訪れ、「肉うどん、うどん抜きで」と注文したことがきっかけで、店一番人気のメニューとなったそうです。卵かけご飯「小玉」を一緒に注文するのが定番なのだとか。肉吸いにはお好みで豆腐を入れると更に美味しくなるそうですよ。