水野鍛錬所 | 堺LOVE

水野鍛錬所

水野鍛錬所

堺市は刃物も有名ですので、実際に刃物がうたれているところを見学に行ってみるのはどうでしょう。水野鍛錬所では、刃物つくりのことを教えてくれ、実際に工房を見学させてくださいます。

堺包丁は、安土桃山時代から江戸時代初期に煙草草を刻むための包丁を作ったことからはじまり、唯一の煙草包丁の産地として江戸幕府に認められ、その技術はさらに発展、そして現在まで受け継がれてきました。
この水野鍛錬所の歴史は1872年からはじまり、日本最古の建造物として世界遺産に認められた奈良の法隆寺に魔除け鎌4本を奉納したことからも、その技術が確かであることが分かります。
このように刃物を奉納などする際には、影打ちといって多めに打った物の中からよいものを選んでもらうそうで、法隆寺への奉納の際に選ばれなかった予備ともいえる魔除け鎌の1本が水野鍛錬所に残っています。貴重な1本を実際に触らせてもらうことも可能のようです。世界遺産に奉納されたのと同じものを触ることができるなんて貴重ですよね。
また詳しく説明などをしてくれるだけでなく、工房内の見学や実際に工房で包丁などを打つ姿を見ることができます。過酷な暑さの中で真剣に刃物と向き合い、火花を散らしながら力強くまた繊細に打つ職人の姿に圧倒されること間違いなしです。
またこの水野鍛錬所で作られた刃物類を購入することもできます。家庭用包丁やプロ用の和包丁、はさみに爪きりなどたくさんの刃物が揃い、実際に手にとって選ぶことができます。
その研ぎ磨き上げられた美しい刃物を見るだけでも、そこに込められた職人の心と技を感じられます。

この案内や工房見学などは、1人からでも対応してくださるようなので事前に問い合わせとお願いをして、オトナの社会見学に行ってみましょう。