アルフォンス・ミュシャ館 | 堺LOVE

アルフォンス・ミュシャ館

アルフォンス美術館

アルフォンス・ミュシャと言う画家の名前は、きっと美術に興味が無い人でも一度は耳にしたことがあるんではないでしょうか。
アルフォンス・ミュシャは、アール・ヌーヴォーの代表的な画家で、
淡くも美しい色彩としなやかな曲線が特徴です。
ミュシャの独特の作風は、日本の美術界にも大きな影響を及ぼしました。
そんなミュシャの作品を展示する「アルフォンス・ミュシャ館」が大阪府堺市にあります。
ミュシャの生まれ故郷であるチェコにも、アルフォンス・ミュシャ美術館がありますが、なんとこの堺のアルフォンス・ミュシャ館でしか見られない作品もあるそうです。
ミュシャはサラ・ベルナールと言う女優のポスターを手がけたことで一躍有名になりました。
そんな大きなきっかけとなる作品も、アルフォンス・ミュシャ館で見ることができます。
7枚ある大きなポスターは迫力たっぷり!
また、ミュシャは様々なブランドの広告も手がけています。
パリの百貨店や、お菓子、巻きタバコのポスターまであります。
絵画としてだけでなく、商業要素のあるミュシャの作品は普段の作品とはまた違った魅力がありますよ。
アルフォンス・ミュシャ館の魅力は、「妖艶で優美」と言うイメージを持つミュシャ作品だけでなく、チェコ時代の影のある作品も見られるところです。
色合いも、有名作品のような淡いものではなく、暗く、比較的はっきりした色合いで描かれています。
初期から晩年までのミュシャの作品をここまで堪能できるのは、堺アルフォンス・ミュシャ館ならではの魅力ですね。