旧堺燈台 | 堺LOVE

旧堺燈台

旧堺燈台

「灯台下暗し」なんて言葉がありますが、まさにその言葉通り、堺市には観光スポットとしてはあまり取り上げられませんがおすすめの「燈台」があるんです。
旧堺燈台は明治10年に建てられたなんと日本最古の木造様式灯台なんです。
灯台として海を照らす役目は、昭和43年に終わってしまっていますが、その後も国の指定史跡として認定され、堺の地元の人々に今でも愛され続けています。
堺の臨海工業地帯の目の前にぽつんと佇む木造六角形の燈台はまるでそこだけ明治から時間が止まっているかのようなレトロな雰囲気が漂っています。
地元の人以外には何故かあまり知られていませんが、堺にとって旧堺燈台はシンボル。
街中でも、マンホールや電話ボックスなど、あらゆるところに灯台のモチーフが用いられています。
堺の名物土産、「堺燈台もなか」なんかもありますよ。
旧堺燈台は地元の人々の憩いの場所となっていて、天気の良いお昼時なんかには燈台近くの階段に腰をかけ、思い思いの時間を過ごす人を良く見かけます。
何をするでもなく、燈台を眺めながらぼんやりと過ごす時間も時には良いものですね。
そんな旧堺燈台が一番輝くのが、陽が沈み始める夕暮れ時。
燈台の上にあった太陽はオレンジ色の夕日に色を変えて、ゆっくりと海へと沈んでいきます。
夕日を背に受ける旧堺燈台は、その夕日の明るさの陰となって日中では見せない情緒溢れる表情を見せてくれます。
あまりにも美しい光景に思わず息を呑んでしまいますよ。
とてもロマンチックな光景なので、デートスポットとしてもおすすめです。